動物性食品とマクロビオティックの関係性

動物性食品とマクロビオティックの関係性

動物性食品は、マクロビオティックにおいて極力避けたいとされています。

 

今や毎日肉や魚などの動物性食品が食卓に並べられていますが、何故マクロビオティックでは避ける必要があるのでしょうか。

 

現代の食生活において、たんぱく質の摂取の仕方が問題視されています。

 

卵や肉などの動物性食品からたんぱく質を摂取するような欧米型の食生活は、今や日本でも当然になっていますが実は本来の自然なたんぱく質の摂り方ではないのです。

 

日本人は100年くらい前に肉や牛乳を摂取するようになったのですが、それまでは玄米菜食が基本で、たんぱく質は穀物や豆類から摂取していました。

 

穀物には良質なたんぱく質がたくさん含まれているのです。

 

昔は玄米を外側を捨てることなく全て食べていたので、それだけでたんぱく質を十分に摂る事ができていたのです。

 

欧米諸国では以前から動物性食品を摂取していたので、生活習慣病や肥満が早い段階から社会問題になっていましたが、日本も欧米化した食生活を送っているうちにメタボや生活習慣病が問題視されてきました。

 

ですから動物性食品を中心とした食事を見直し、全粒穀物を摂るようにすることで栄養面を心配することなく健康でいられます。

 

全粒穀物さえ食べていれば、栄養は十分なので、卵や肉類、乳製品などは月数回程度に抑えるべきなのです。そうは言っても難しく感じるかもしれません。

 

しかし、実際にマクロビオティックの食事をしている人は段々と動物性食品を食べたいと思わなくなるそうです。

 

マクロビオティックは無理をしないで徐々に行っていくと良いでしょう。