マクロビオティックにおける玄米

マクロビオティックにおける玄米

ご飯と言えば、白くて温かい白米を思い浮かべる人が多いと思います。

 

しかし、昔は玄米という茶色いご飯を日本人は食べていたのです。

 

その玄米はマクロビオティックにおいて推奨されている食事の1つです。

 

これは、一物全体というマクロビオティックの基本の考え方に基づいています。

 

白い米は外側にある大量の栄養を含んでいる部分を削って捨てられるしまいますが、せっかく栄養を大量に含んでいる部分を削って捨ててしまってはもったいないですよね。

 

米はとても栄養価の高い食品であるのにも関わらず、現代人はとても無駄なことをしているのです。

 

昔は玄米だけを食べていても、栄養価のある部分が残ったまま食べていたので、十分に栄養を摂取する事ができていました。

 

しかし、今では白米だけでは栄養が不足してしまうため、卵や肉などを食べて動物性の栄養を補っているのです。

 

このように、動物性食品を多く摂る欧米型の食事をするようになると、日本人は生活習慣病やアレルギー疾患などの様々な疾患を患うようになったのです。

 

そのような社会背景を受け、日本では健康志向が高まり、玄米を摂取することを見直すようになってきたのです。

 

しかし、栄養があると思ってはいても、玄米の味や歯応えが苦手であったり、炊くのに手間がかかるという人もいます。

 

そんな方は、初めから玄米だけにするのではなく、白米と混ぜて炊いてみたり、5分づき米から始めてみると良いでしょう。

 

最近では玄米コースのついている炊飯器も増えていますし、簡単に炊く事ができます。

 

また玄米を食べる時はよく噛んで食べなくてはいけないので、唾液の分泌を促進してくれてとても良い効果があります。

 

それに他におかずが少なくても栄養を十分に摂る事ができるので玄米は非常に優秀な食べ物なのです。