マクロビオティックに関する資格

マクロビオティックに関する資格

世界中でマクロビオティックが有名になっているのを受け、日本でも、マクロビオティックの資格を取得する人々が増えてきています。

 

資格と言えども、これは国家資格ではなく、マクロビオティック団体が独自で作った民間資格なので、政府は関与していません。

 

この資格はそれぞれの団体が作っているために、名称や検定の基準は各マクロビオティック団体によって異なります。

 

マクロビオティックは近年有名になり出しているので、資格制度のある団体はどんどん増えており、資格取得のためのスクールや通信教育も増えてきています。

 

マクロビオティックは極めて奥が深いので、団体の資格を目指すためにはマクロビオティックの原則や考え方をしっかりと理解し、食材の知識や効能、食べ物の特性を上手く生かした調理方法などの、様々な知識を身に付けなくてはなりません。

 

また、知識面のみならず、技術も必要となります。

 

マクロビオティックの資格は、家族や自分自身の食生活を健康的な物にすることはもちろん、食育の専門家として、保育や教育、医療や福祉、美容などの分野で役立ちます。

 

将来料理教室を開業したい人や、レストランやカフェなどの飲食業界に入りたい人などにもおすすめしたい資格の1つです。

 

マクロビオティック団体はたくさんあるので、実際に資格を取ろうと思った時に悩む人も多いようです。

 

ですからまずは資料やHPで団体の設立目的や設立の経緯等について調べて自分の目的に合ったところを選ぶようにすると良いでしょう。