マクロビオティックにおける飲み物

マクロビオティックにおける飲み物

マクロビオティックでは、刺激のある飲み物は避け、体に優しい物を飲むようにしています。

 

緑茶やコーヒー、紅茶、コーラはカフェインが強いので、マクロビオティックには向いていません。

 

またハーブティーも芳香性が強いですし、刺激もあるので極力避けたい飲み物です。

 

マクロビオティックを実践している人たちは、毎日カフェインが少ない玄米茶や麦茶、三年番茶を好んで飲みます。

 

三年番茶というのは、三年以上に渡り熟成させた茎と茶葉を使ったお茶で、カフェインはほとんどありません。

 

メーカーによっても三年番茶の香りや味が違いますので、好みのものを見つけるようにしましょう。

 

男性は多少濃い目のお茶を飲んでも構いませんが、子供や女性は薄い三年番茶がおすすめです。

 

また水については、地元に近い場所にある天然水がベストですが、それがかなわない場合には浄水器の水であっても結構です。

 

最近では1日に2リットルほどの水を飲む事が良しとされているようですが、マクロビオティックでは、喉が渇いている時以外は水は必要ないという考えです。

 

また、コーヒーが好きな人はタンポポコーヒーやグレインコーヒーであれば安心して飲む事ができます。

 

これが無農薬のコーヒーであればさらに良いでしょう。

 

また、市販されている清涼飲料水や市販のジュースは砂糖や添加物がたくさん使用されているので、極力避けましょう。

 

ジュースを飲む場合は、果汁100%のものを摂取しましょう。

 

そして夏場であっても冷たい飲料は控え、温かい飲み物を飲むようにしてください。

 

なお、マクロビオティックにおいてアルコールは摂取しても構いませんが、日本酒やワイン、無農薬小麦から作られたビールを適量飲む程度にしましょう。