マクロビオティックと牛乳について

マクロビオティックと牛乳について

牛乳は完全栄養食品として学校の給食でも出されますし、家庭でも必ずと言って良いほど冷蔵庫に入っている牛乳ですが、マクロビオティックにおいては牛乳や乳製品を摂取しません。

 

卵や肉と共に、牛乳は欧米化した食生活の一部として日本に浸透してきたものですが、何故マクロビオティックにおいては避けなくてはならないのでしょうか。

 

それは、人間の体質に牛乳や乳製品が合わないからです。

 

牛乳を飲むと途端にお腹が痛くなるという人も多いように、人間が牛乳を消化、吸収するのは極めて難しいとされています。

 

元々、牛乳というのは、牛の赤ちゃんのためのものであり、人間用のものではありません。それに栄養素の粒子がとても大きいので、体内に取り込むことが難しいのです。

 

それに、日常的に乳製品を摂取することによりあらゆる病気が増えていると言われています。

 

例えばアトピー症状であったり、アレルギー症状、皮膚発疹、ぜんそくなどは乳製品の摂取によるものだとされています。

 

また、乳がんや子宮筋腫を引き起こすとも考えられています。

 

子供達の中には、牛乳を飲めばカルシウムを摂取することができるので、身長が伸びると期待している子もいるでしょう。

 

しかし、牛乳を飲まなくても、わかめやひじきなどには牛乳以上にカルシウムが配合されていますし、ひじきの煮付けを適量食べるだけで、コップ1杯の牛乳から得られるカルシウムが簡単に摂取できてしまうのです。

 

それに玄米を食べればたんぱく質も十分です。